Sweetcron テーマのカスタマイズ

Sweetcron では WordPress のように PHP で作成されたファイルをテーマとして適用し、動的にサイトのデザインを変更することができます。
詳細は下記 URL が参考になるでしょう。

通常 Sweetcron のテーマは、最低限以下の9個のファイルで構成されます。

  • _activity_feed.php
  • _header.php
  • _footer.php
  • _sidebar.php
  • home.php
  • items.php
  • single.php
  • rss_feed.php
  • main.css

これらのファイルを一つのフォルダにまとめ、Sweetcron をインストールしたフォルダの system/application/views/themes に配置すれば、管理画面から選択することができるようになります。

では、個々のファイルがどういう意味を持つのか、順に見て行きましょう。

大雑把に説明すると Sweetcron サイトにリクエストがあった際、以下の順でテーマ内のファイルが呼び出され、PHP が処理されます。

  1. _header.php
    • home へのアクセスの場合 → home.php
    • ページ(page/〜/)、タグ(items/tag/〜/)、サイト(items/site/〜/)、検索結果(items/search/〜/) へのアクセスの場合 → items.php
    • シングルページへのアクセスの場合 → single.php
    • 固定ページ(p/〜/)へのアクセスの場合 → 〜.php
  2. _footer.php

また、フィードへのアクセスの場合は rss_feed.php のみが呼び出されます。

_header.php, _footer.php

これらは、特殊なファイルです。
RSSフィード以外のすべてのページで、それぞれヘッダ部・フッタ部として書き出されます。
ヘッダ・フッタに共通して書いておきたい内容を、これらに書いておくと良いでしょう。

_sidebar.php

通常は home.php、items.php、single.php から呼び出されます。
サイドバーとして共通して表示したい内容を書いておくと良いでしょう。

_activity_feed.php

通常は home.php、items.php から呼び出されます。
おもに複数アイテムをループ表示します。
ページに表示すべきアイテムは $items オブジェクトとして与えられるため、以下のようにしてループ処理すれば良いでしょう。

<?php if ($items): foreach ($items as $item): ?>
<h2><?php echo $item->get_title()?></h2>
<p class="content"><?php echo $item->get_content()?></p>
<?php endforeach; endif; ?>

$items オブジェクトで使用できるメソッドは、デフォルトで付属している sandbox テーマ等や、下記URLを参考に。

home.php

最新バージョン(1.08e)では、どこからも呼ばれてないようです?
無くても動作する?
通常は _activity_feed.php と _sidebar.php をインクルードしているだけです。

items.php

複数アイテムを表示するページすべてで呼び出されます。
通常は _activity_feed.php と _sidebar.php をインクルードしているだけです。

Sweetcron では、以下の url で、ページ・タグ・サイト・検索結果の一覧が表示できますが、これらの一覧を表示する際にこのテンプレートが呼び出されます。

  • ページ → {Sweetcron をインストールしたURL}/page/{ページ番号}
  • タグ → {Sweetcron をインストールしたURL}/items/tag/{URLエンコードされたタグ名称}
  • サイト → {Sweetcron をインストールしたURL}/items/site/{登録URLのサーバ名}
  • 検索結果 → {Sweetcron をインストールしたURL}/items/search/{URLエンコードされた検索対象}

single.php

単一アイテムを表示するページで呼び出されます。

rss_feed.php

{Sweetcron をインストールしたURL}/feed がリクエストされた場合に表示する rss フィード用のテンプレートです。

そのほかの .php ファイル

固定ページとして表示することができます。
ページ名・タイトルは、ファイル名から決定されます。

例えば contact.php と言うファイルをテーマフォルダ内に作成しておくと、以下のURLで表示できるようになります。

  • {Sweetcron をインストールしたURL}/p/contact/

この時、ページのタイトルは先頭文字のみ大文字に変更され「Contact」となります。

ページタイトルにスペースを含めたい場合は、スペースを "_"(アンダーバー) にしてファイル名を付ければ良いようです。
# 「About Me」と言うページタイトルを付けたい時は「about_me.php」

詳細は下記 URL が参考になるでしょう。

main.css

テーマ用の css ファイルです。
通常の _header.php の中では、main.css と言う名前で定義されていますが、_header.php を修正すれば、他の名前でも良いようです。

以上、簡単な Sweetcron テーマカスタマイズのための情報でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください