西巷説百物語

西巷説百物語 (怪BOOKS)西巷説百物語
 著者:京極夏彦

これで終いの金比羅さんや

巷説百物語前巷説百物語に連なるシリーズ。
舞台は関西、主人公は今までのシリーズの又市ではなく、靄舟の林蔵。

途中、チラチラと小股潜りやら山猫廻しやらの名前が出てきますが、基本は林蔵が取りしきってます。
ただし、書き下ろしの最終話は、又市・百介など、前作までの主要キャラがわらわら出てきます。
懐かしいあの台詞「御行奉為ー」も聞けて、旧作ファンにはたまらない。ええですなぁ。

忘れてましたが、このブログは読書日記でした。初心忘るるべからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください