どきどきフェノメノン

31X2V42ZE1L._SL75_.jpg「どきどきフェノメノン」
 著者:森博嗣

大学院生・佳那の「どきどき」かつ「ミステリ」な日常。
ミステリですが死体は出てきません、この辺水柿助教授シリーズに通ずるかも。

日ごろから「どきどき」を探索している佳那を中心に、佳那の憧れの担当助教授、怪僧武蔵坊などの魅力的な脇役達との日常生活を描きます。
佳那が求めている「どきどき」の匙加減が微妙です。
たまに許容量を超える「どきどき」があったりして

読後感は爽快。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください