クビキリサイクル?青色サヴァンと戯言遣い

51EC63XX4XL._SL75_.jpgクビキリサイクル?青色サヴァンと戯言遣い
著者:西尾維新
講談社NOVELS

買いました〜。

いやいや、凄まじく今さら感強い気がしますけど
随分昔に知人に勧められて、最近になってやっと買って読んだって感じです。

ストーリーは本の裏表紙の言葉を借りれば

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が
“科学・絵画・料理・占術・工学”
五人の「天才」女性を招待した瞬間、
“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする!
工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(♀)と
その冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃん(♂)は、
「天才」の凶行を“証明終了”できるのか?
新青春エンタの傑作、ここに誕生!
第23回メフィスト賞受賞作。

とまあ、こんな感じ

でも、面白いかどうかは微妙かな〜(苦笑)。
確かに、様式美を信仰している人には書けない作品だな〜とは思うところですけどね。
個人的には

既存のノベル + ライトノベル ÷ 2

という感じがして仕方がないですけど(苦笑)。

まあ、普通の推理小説も読める。
ライトノベルも抵抗なく読める人にはオススメできるのではないでしょうか。

− おまけ −

よ〜するに、設定とか人格設定とか 凄まじく強引 なんですよね〜(苦笑)。

途中のトリックとかは、解説入るまでもなく全部バレバレだったし(苦笑)。
でもまあ、それはそれで最後の『後日談』のために用意されているのもあるので OK なのですけどね。
だから、推理部分が先読みできて詰まらなくて途中で読むのをやめている人がおられましたら、最後まで読むことはオススメかな………

きっと納得いかないだろうけど!(爆)

3 thoughts on “クビキリサイクル?青色サヴァンと戯言遣い

  1. ピンバック: ご本といえばblog

  2. Ash 投稿作成者

    まあ、メフィスト賞作品は他に「ハサミ男」くらいしか読んだことがないから何ともいえないけど(苦笑)。
    評価を受けるのはわからなくもないかもしれん。
    要するに、良くも悪くも様式美を破壊しているんだよね。表紙の絵なんかもまさにそうだと言えると思う。
    なんつーのかな? カッコイイだけがもてる秘訣じゃない…って感じか?(笑)
    でもまあ、確かに買ってまで…というのはないかもな。他に読むものがなくなってれば貸すよ〜。

    返信
  3. をかもと

    最近のメフィスト賞受賞作は質が悪いなぁ。
    第1回受賞の森博嗣の頃に比べるとドンドン落ちていってるような…
    一連の西尾維新作品は表紙がなんかアレなので手を出してませんが、読まなくて良さそうだな。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください