クレィドゥ・ザ・スカイ

クレィドゥ・ザ・スカイクレィドゥ・ザ・スカイ – Cradle the Sky
 著者:森博嗣

ブーメラン、飛んでいるか?

「キルドレ」を主人公にしたシリーズの5作目。
記憶をなくしたキルドレが主人公。
クサナギは主人公の夢の中でだけ登場し、物理学者サガラが活躍。
シリーズ第一作目にして最終巻スカイ・クロラに繋がる話。
キルドレ達を巡るお話が、これで終わるのは寂しいですね。

読後感は静かだが、非常にエキサイティング。
シンプルで詩的な文体と、底辺に流れる徹底した死生観。
ぜひともシリーズを通して読んでいただきたい逸品。

関連記事:フラッタ・リンツ・ライフ


ところで、押井監督でアニメ化の話も有るようだが、カバーにシールを貼るのは止めて欲しかった。
折角の美しい装丁が台無し(T-T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください