タグ別アーカイブ: キルドレ

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

押井守ワークス+スカイ・クロラ The Sky Crawlers (別冊宝島 1546 カルチャー&スポーツ)映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」
 声の出演:菊池凛子, 加瀬亮, 谷原章介, 栗山千明
 監督:押井 守, 原作:森 博嗣

「いつも通る道でも違うところを踏んで歩くことができる
いつも通る道だからって、景色は同じじゃない」

戦争請負企業によって行われるショーとしての戦争。
戦闘機パイロットはキルドレと呼ばれる怪我でしか死なない子供たち。
かつてのエースである司令官 草薙水素(クサナギ・スイト)と、現在のエースパイロット 函南優一(カンナミ・ユーヒチ)の物語。

観てきました。
一応、ストーリーは原作どおり進んでいるのですが良くも悪くも完全に押井守作品になってますね。
この際、原作のことは忘れて観ましょう。
#しかし、原作未読だと分かりにくいところも無きにしも非ず。
続きを読む

スカイ・イクリプス

スカイ・イクリプススカイ・イクリプス
 著者: 森 博嗣

「嘘をつくと、顔に出るぞ」クサナギが睨んだ。
まぁ、そのとおりだろう、とササクラにもわかっていた。嘘をついたときの顔は、このコーヒーと同じくらい苦くてオイル臭いにちがいない。

読売新聞のWebサイト「yorimo」で連載されていた短篇を中心としたスカイ・クロラシリーズの番外短編集。
前作で終わった気になっていたので、これは嬉しい余韻です。
スカイ・クロラシリーズの中心人物クサナギ、カンナミ以外の人物に焦点をあてた短編集。
お気に入りは、整備士ササクラを主人公にした1話め「ジャイロスコープ」と、ティーチャを主人公にした2話め「ナイン・ライブス」。

関連記事:クレィドゥ・ザ・スカイ

クレィドゥ・ザ・スカイ

クレィドゥ・ザ・スカイクレィドゥ・ザ・スカイ – Cradle the Sky
 著者:森博嗣

ブーメラン、飛んでいるか?

「キルドレ」を主人公にしたシリーズの5作目。
記憶をなくしたキルドレが主人公。
クサナギは主人公の夢の中でだけ登場し、物理学者サガラが活躍。
シリーズ第一作目にして最終巻スカイ・クロラに繋がる話。
キルドレ達を巡るお話が、これで終わるのは寂しいですね。

読後感は静かだが、非常にエキサイティング。
シンプルで詩的な文体と、底辺に流れる徹底した死生観。
ぜひともシリーズを通して読んでいただきたい逸品。

関連記事:フラッタ・リンツ・ライフ

続きを読む

フラッタ・リンツ・ライフ

4120037398.01._SCTHUMBZZZ_.jpgフラッタ・リンツ・ライフ – Flutter into Life
 著者:森博嗣
彼女とともに飛ぶことが、僕の最上の喜びだったのだ。

「キルドレ」を主人公にしたシリーズの4作目。
今回はクリタ・ジンロウが主人公。クサナギは脇に回り、ティーチャはちょっと出てくるだけ。
無駄を一切削ぎ落とした文章の美しさ、装丁の美しさは健在です。

クサナギに対するクリタの思いは、純粋で切ない。
手も触れたことの無い彼女と、ただ一緒に飛んでいるだけで幸せだと言い切れるクリタ。
恋愛感情を自分の中でだけ完結させ、外に対しては全く干渉しない。

関連記事:ダウン・ツ・ヘヴン

ダウン・ツ・ヘヴン

4120036448.09.THUMBZZZ.jpgダウン・ツ・ヘヴン – Down to Heaven
 著者:森博嗣
新薬の開発中に偶然生まれた不老不死の子供たちキルドレが、代理戦争を行っている世界の話。
この世界では戦争は企業同士で行われ、戦争に参加しない一般人達への娯楽として供給される。
この本は「スカイ・クロラ」「ナ・バ・テア」に続く、キルドレを主人公にした長編小説3作目。
装丁の美しさ・文章の美しさも健在です。

この巻ではエースパイロット草薙と新人パイロット函南の出会いと、草薙vs"ティーチャ"の空中戦がメイン。
ただ飛んでいたいだけの草薙と、それを許さない会社側の思惑。
草薙の純粋な思いが切ないです。