深泥丘奇談

深泥丘奇談 (幽BOOKS)深泥丘奇談
 著者:綾辻 行人

この世には不思議なことなど何もない—とは、おそらく今この国でもっとも有名な古本屋の決め台詞だが、本当にそうだろうか、と近頃しばしば思うようになった。

晩春の黄昏時、語り手である作家が眩暈を覚えて入った深泥丘病院。そこで出逢った医師・石倉(一)〜(三)と看護師・咲谷。
語り手と彼らとの間に起きた不思議な出来事をつづる連作短編集。


  • 精密検査のため、短期入院した病院内で奇怪なモノを目撃する
  • 丘の向こう
    深泥丘の向こう側、語り手が知らなかった"Q電鉄の如呂塚線"を走る奇怪なモノ
  • 長びく雨
    長雨が続くと良くない事が起こる
  • 悪霊憑き
    ソトト・ダゴンなど、クトゥルー神話っぽいフレーズが散りばめられた本格推理
  • サムザムシ
    歯科治療に対する生理的恐怖
  • 開けるな
    最後のドンデンが楽しい
  • 六山の夜
    五山の送り火を舞台にした幻想の夜
  • 深泥丘魔術団
    秋祭りの夜に病院で開催される奇術ショー

  • 自宅周辺に出没する謎の生き物

強烈に怖いホラーではありませんが、どれも雰囲気があって良いです。
クトゥルー神話や、ドグラ・マグラ好きにはオススメできるかな。

2 thoughts on “深泥丘奇談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください