ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
 著者:東野圭吾

「そうか、でもこれだけはいっておこう。みんなおまえのことを、科学者としては素晴らしいといっている」

湯川准教授が、草薙刑事、内海刑事とともに難トリックに挑む探偵ガリレオシリーズの短篇集。
容疑者X」は別として、やはりガリレオシリーズは短篇の方が面白いなぁ。

特に第二章「操縦る」なんかのように、湯川達がたどり着いた真相のさらに先に真相がある話なんてたまりませんね。
フーダニット(犯人当て)よりも、ハウダニット(トリック当て)に重きを置いている所は、今までどおり。
安心して読める一冊です。

1 thought on “ガリレオの苦悩

  1. ピンバック: ご本といえばblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください