クロスゲーム 2巻

312N4MDH55L._SL75_.jpgクロスゲーム (2)ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
著者:あだち充
少年サンデーコミックス/小学館
関連記事:クロスゲーム 1巻

買いました〜。

──ああ、楽しもうぜ。

野球はそれが一番だ。


いやぁ〜。予想はハズレてしましましたね。
前回
>まあ、二巻はいきなり数年後おそらく、高校生になったところからの再開なんじゃないかなぁ〜〜〜。
と書いたわけですが、残念残念中学 3 年の終わりからでした
まあ、これを報告したかっただけの記事なんですけどね。

とはいえ、ありありの王道パターンながらも、いつも通りのキャラクター達が集まってくるところや。主人公が普段から鍛えていた結果、ズバ抜けた野球の才能を持っている辺りの見せ方はなかなか。
この位置から始めたということは、作者の希望的には主人公の高校 3 年間をそのまま引っ張りたいところでしょうけども果たしてどこまで続くことでしょうか。今後とも期待しない程度に楽しみに読んでいきたいと思う作品ではあります。


− おまけ −

しかし、お調子者キャラやライバルキャラがどんどん登場する中、ヒロインのライバルキャラが登場しないのが疑問なところ。もしかして、ヒロインの妹がライバルでしょうか? それだとあだち先生的には新しいパターンかなぁ〜と思いながらも、個人的には高等部入学と同時にライバル登場(当然野球部マネージャー)に 3000 点といきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください