ステーションの奥の奥

ステーションの奥の奥 (ミステリーランド)ステーションの奥の奥 (ミステリーランド)
 著者:山口雅也

「うん。ぼくはこれから、ここへ吸血鬼を呼び出してみようと思うんだよ。」

小学6年生の陽太は東京駅が全面改築されることを知り、東京駅を探検して夏休みの自由研究にしようとする。
東京駅を探検するため、夜之介おじさんとともに東京駅の「東京ステーション・ホテル」に向かう。
そこで、彼らが遭遇した奇妙な事件。

面白いですねぇ。さすがは山口雅也。
変化球の様に見えて、実はフィールドとルールが歪んでいるだけで、その歪んだフィールド・ルールの中では、そのものズバリの直球を投げてきます。
著者お得意のウンチクも吸血鬼を対象にして、ふんだんに散りばめています。
伏線の回収の仕方も見事の一言。
子供向けでも、自分の作風を変えてこない。やはり山口雅也は良いなぁ。

というわけで、息子が本が読めるようになったら、彼にオススメしたい一作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください