カルナヴァル戦記

21XA3JA3CKL._SL75_.jpgカルナヴァル戦記
 著者:船戸与一
カルナヴァルで熱狂するリオの街で組織の裏切り者"金承春"を狙う日本人暗殺者を描く表題作を筆頭に南米の裏の世界で生きる日本人を主役にした短編7編を収める。

舞台は白人農園主達が黒人奴隷を導入し、先住民族を奴隷として必要としなくなったために本格的に絶滅させようとした暗い歴史を持つブラジル。
切ない話が多いですが、特にお気に入りは孫娘の施術費用を稼ぐために体を張る老婆を主人公にした"おタキ"。
老婆の悲壮な覚悟が悲しい1篇です。

収録作
・カルナヴァル戦記
・ガリンペイロ
・ジャコビーナ街道
・おタキ
・バンデイラ
・ふたつの町にて
・アマゾン仙次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください