荒野に獣慟哭す 3巻

51VQSB277NL._SL75_.jpg荒野に獣慟哭す (3)ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
原作:夢枕 獏
漫画:伊藤 勢
マガジンZKC/講談社
関連記事:荒野に獣 慟哭す 2巻
買いました〜。

「朝のこない夜はない!」

「ただ問題は、人の一生より長く続く夜は
ざらにあるっちゅうことだな」

いやいや、名言です! 真実です!!!
目から鱗が落ちまくりの『荒野に獣 慟哭す 3 巻』の登場です〜。
いや〜、やっぱり面白いですね!
何よりもまずこの作品、作者が絶対楽しんで書いてますよね。読んでいて書き手の楽しみが伝わってくる作品は、基本的に面白いです。・・・・・いや、作中で人んちの酒を勝手に飲んでいるチンピラ漫画家として作者が登場しているのとは特に関係なくね。

話の方はまだまだ盛り上がりの途中。妙に神話と遺伝子工学の蘊蓄に満ちてしまっているあたり、ちょっと前の巻以上に読む人を選んでしまうかなぁ〜とも思いますが、ハマル人はビシッとのめり込むこと受け合い!

機会があれば、皆さん手にとって読んでみてください〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください