69 sixty nine

518GY9CTKCL._SL75_.jpg69 sixty nine
 出演:妻夫木聡,安藤政信,金井勇太,太田莉菜,井川遥,柴田恭平,嶋田久作
 監督:李相日

「楽しく生きたモン勝ちったい。退屈な奴らに俺たちの笑い声ば聞かせてやるったい!」

舞台は1969年の佐世保。
ケン(妻夫木聡)がレディー・ジェーン(太田莉菜)に近づくために友人のアダマ(安藤政信)やイワセ(金井勇太)を巻き込んで、
バリ封やったり、番長グループと対決したりしながら、フェスティバルをやる話。
テンポ良し、おバカなノリ良し、青臭さ良しの青春映画
クドカンの脚本が素晴らしいです。

我らが嶋田久作も体罰教師役で出演。
なんか、最近私の観る邦画にはことごとく彼が出演している。
今年はひょっとして嶋田久作イヤーか?

番長グループに追い詰められ、困ったケンが親父(柴田恭平)に助けを求めたとき、親父に言われた言葉がなぜか頭に残る。

「ケン、頭割られたら勉強できんばい。
 金玉潰されたら、ちんぽも勃たんばい。」

6 thoughts on “69 sixty nine

  1. をかもと 投稿作成者

    達也さん、はじめまして。

    妻夫木のはじけっぷりは最高でしたね。
    クドカンの脚本も良い味出してたし。

    『フラガール』でブレイクした李監督の手腕にビックリです。

    フラガールって、この映画と同じ監督なんですね。
    知らなかった。観にいってみよう。

    返信
  2. ピンバック: TATSUYAのレンタル映画レビュー

  3. TATSUYA

    初めまして、達也です。

    村上龍のファンですが、
    結構楽しめました。
    笑いどころ満載の映画で、
    ひたすら馬鹿になって突っ走る若者を
    描きつつも、それ自体が体制への
    アイロニーに感じられます。
    ケンの父を演じた柴田恭平と妻夫木君の
    新鮮な演技に魅力を感じました。
    『フラガール』でブレイクした李監督の
    手腕にビックリです。

    P.Sトラバさせてくださいね。

    返信
  4. をかもと 投稿作成者

    latifa さん、どもです。

    最近、嶋田久作をコメディで見かけるんですよねぇ。
    味のある顔をしているから目立つ目立つ。

    返信
  5. ピンバック: ポコアポコヤ

  6. latifa

    をかもとさん、こんばんは。
    私もコレ見ました。
    嶋田久作さん、出てましたねー。
    私もここんところ、見る映画に、彼が出てるような・・・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください